【EWA A106 超小型スピーカー評価レビュー】使い方とペアリング設定【ステレオ対応】

Amazonでもかなり評価が高い超小型ワイヤレススピーカーのEWA A106をレビュー。Bluetooth接続して使用。ステレオ対応。充電時間や使い方、接続方法を紹介。EWA A106の音質や音の遅延問題もレビューします。Bluetooth対応でステレオ対応。

手のひらサイズのEWA A106をレビューします。めちゃくちゃ小さく本当に他のスピーカーのように音楽を楽しめるのか?と疑問に思ってしまいますよね。

[jin-img-shadow]

EWA A106レビュー

[/jin-img-shadow]

本当にこんなに小さいのにスピーカーとして使えるのか気になる人が多いと思います。音質や遅延の問題や使い方、ペアリング設定の方法を紹介していきます。

では、超小型ワイヤレススピーカーのEWA A106のレビューします。

スポンサーリンク

EWA A106のレビュー

[jin-img-shadow]

EWA A106のレビュー

[/jin-img-shadow]

EWA A106の一番の特徴はサイズ感です。サイズがめちゃくちゃ小さいので、旅行にも持っていけるメリットがあります。

宿で音楽を楽しんだり語学を勉強したりする時に、超小型ワイヤレススピーカーのEWA A106が活躍します。

しかもこんなに小さいのにも関わらず、500mAhのリチウムポリマー電池が内蔵されているので、最大8時間も連続再生することができます。8時間は曲でいうと160曲近くも再生することができる計算です。

なので、家で音楽を楽しんだり語学を勉強する時に充電切れになることはほぼないでしょう。旅行先でも充電を気にせず使うことができますね。

旅行に行く前に充電を100%にしておけば、充電器を忘れても充電切れになることはないと思います。

AmazonのEWA A106の販売ページを見ると「風呂用」と記載されているので、EWA A106って防水なの?と思う方がいるかもしれませんが、実はEWA A106は防水機能は付いていません。

なので、お風呂でEWA A106を使うと故障するので、お風呂で使うのは辞めましょう。

Amazonの販売ページになんで「風呂用」と記載されているのかわかりませんが、防水ではないので水回りでEWA A106を使おうと思っている方は気をつけてください。

スポンサーリンク

EWA A106のスペックと充電時間

続いて、EWA A106のスペックを紹介します。

メーカー型番EWA A106
Bluetoothバージョン3.0
Bluetoothの接続距離10M
対応プロファイルHSP、HFP、A2DP and AVRCP
スピーカーサイズ8.2 x 8.2 x 4.6 cm
スピーカーの重量181g
充電時間2時間
再生持続時間6時間
ブラック、シルバー
防水仕様なし
保証期間1年間

EWA A106のスペックはこのようになっています。

ちなみにEWA A106を充電する時、電流2.1A以上、電圧5V以上の充電器を使用しないでくださいと注意書きがされていますが、純正のiPhoneの充電機はクリアしているので、iPhoneを持っている方は同じものを使ってください。

スポンサーリンク

EWA A106の価格

EWA A106の価格はAmazonと楽天で異なります。

Amazon楽天
ブラック1999円(送料無料)4752円+送料500円
シルバー2099円(送料無料)2613円+695円

EWA A106の価格はこのようになっていますね。

Amazonと楽天でも価格が違いますが、カラーでも価格が違います。一番安いのがAmazonでブラックを購入する1999円です。

自分の好みでシルバーを選んでもいいと思いますが、個人的にはブラックが好みなのでブラックを選びました^^

EWA A106の付属品

[jin-img-shadow]

EWA A106の付属品

[/jin-img-shadow]

続いて、EWA A106の付属品を紹介します。

  • EWA A106本体
  • MicroUSB充電ケーブル
  • 多言語取扱説明書
  • キャリーケース
  • メタルバックル

こちらが同梱されています。EWA A106はケースがもともと付いているので、旅行に行く際に活用することができますね。

EWA A106を購入しても残念ながらアダプターが付いていないので、持っていない方は別で購入する必要があります。

[jin-img-shadow]

ワイヤレスイヤホンのアダプター

[/jin-img-shadow]

しかしスマホやタブレットを充電する際に使っていると思うので、そちらのアダプターを使うといいでしょう。

EWA A106の使い方

[jin-img-shadow]

EWA A106の使い方

[/jin-img-shadow]

続いて、EWA A106の使い方を紹介します。

電源オン電源ボタンを2秒長押し
電源オフ電源ボタンを2秒長押し
再生・停止電源ボタンを1回押す
曲送り電源ボタンを2回押す
曲戻し電源ボタンを3回押す
音量を上げる
音量を下げる

EWA A106の操作方法はこのようになります。基本的に電源ボタンだけで操作をします。

音量の上げ下げがワイヤレススピーカー本体でできないので、Bluetooth接続したデバイスで操作しましょう。

EWA A106のペアリングと接続方法

[jin-img-shadow]

EWA A106のペアリングと接続方法

[/jin-img-shadow]

続いて、EWA A106のペアリング方法を紹介します。やり方は簡単なので、手順に沿って接続してみてください。

  1. EWA A106の電源をオンにする(LEDが青色に点灯)
  2. デバイスのBluetooth機をオンにする(LEDが青色に点滅)
  3. デバイスの Bluetooth接続画面の「EWA Audio A106」をタップ
  4. EWA A106のペアリング完了

ペアリングはこのようになります。

ただEWA A106の電源を入れてデバイスのBluetoothをオンにして、デバイスの画面に表示された「EWA Audio A106」をタップするだけです。

2回目以降はEWA A106の電源をいれてデバイスのBluetoothをオンにするだけで、自動でペアリングされます。

なので、最初に一度だけペアリング設定をするだけで問題ありません。

ちなみにEWA A106のリセット方法はデバイスのBluetooth設定画面で表示される「EWA Audio A106」を解除するだけです。

EWA A106の音質や音の遅延

[jin-img-shadow]

EWA A106の音質や音の遅延

[/jin-img-shadow]

EWA A106の音質と遅延問題について紹介します。

まず音質に関してはあまり良いとは言えないかもしれません。これは主観なのでなんとも言えませんが、Amazonのブラックを1999円という値段を考えると、納得できる音質だと思います。

しかし4000円〜5000円、さらに1万円以上のスピーカーと比べてしまうと、若干おもちゃ感がありますかね。

なので、音質を求めているならEWA A106はあまりオススメしません。しかし今までスマホやタブレットのスピーカーで音楽を楽しんでいて、何か安くてもいいからスピーカーが欲しいな〜という方はかなりおすすめのスピーカーです。

格安ですからね^^

そして遅延に関しては正直そこまで気になりませんでした。というのも、僕は音楽のみ楽しもうと思ったので、動画メインで使っていません。

しかしドラマや映画を観ると少し遅延が気になるかもしれません。口と声の動きに若干のズレを感じます

酔っ払っている時にEWA A106でドラマや映画を観るなら気にならないかもしれませんが、気になる人は結構気になると思います。

ですが、音楽だけを楽しむなら遅延問題は気にならないと思います。

EWA A106の説明書

EWA A106の説明書はコチラです。

【JBL GO2ワイヤレススピーカー評価レビュー】充電時間や使い方は?【Bluetoothステレオ対応】
Amazonでも評価が高いワイヤレススピーカーのJBL GO2をレビュー。完全ワイヤレスのためBluetooth接続して使用。ステレオ対応。充電時間や使い方もまとめます。さらにJBL GO2の音質や音の遅延問題もレビューします。Bluetooth対応で防水付き。
【Anker SoundCore miniレビュー】ラジオの使い方とペアリング方法【Bluetoothスピーカー】
Anker SoundCore miniのBluetoothスピーカーをAmazonで購入したのでレビュー。ラジオが聴けてSDカードに入ってる曲も再生可能です。AUXモードもあるので使い勝手がいいAnker SoundCore miniをレビューしますね。
【Anker SoundCore 2 改善版レビュー】1との違いや使い方【完全防水スピーカー】
Anker SoundCore 2改善版とAnker SoundCore1の違いをレビュー。格安で有名なAnker製のスピーカーは完全防水でワイヤレスなので車や風呂場でも使うことが出来るので用途によって様々です。Anker SoundCore 2改善版をレビュー。

EWA A106レビューのまとめ

EWA A106のレビューをまとめましたが、個人的に音楽を楽しむだけならめちゃくちゃ良いスピーカーだと思います。

やはり価格がめちゃくちゃ安いですし、音量も問題ありません。

しかし音質を求めていたり、ドラマや映画を楽しみたいのであれば、ちょっと不向きですかね。