書籍レビュー

チーズはどこへ消えたの内容を要約してみた!感想や考察も紹介

チーズはどこへ消えたの内容を要約

チーズはどこへ消えたの内容や要約をまとめました。実際にチーズはどこへ消えたを読んだ感想や読んだ方に感想を聞いてまとめています。2000年に発売されてからずっと人気があるビジネス書なので読んだことがある方も多いと思います。そこで本書の内容や要約をまとめたので参考に。

チーズはどこへ消えたは2000年11月27日に発売された少し古い本です。

2019年の春に続編が出たことによって改めて注目されたビジネス書ですね。

チーズはどこへ消えたを今すぐ読むなら楽天市場で500円程度で購入することができます。

と、その前に!

あなたは現在学生ですか?

もし学生さんならば、楽天学割でお得にチーズはどこへ消えたを購入することができます。

楽天学割は料金が全くかからないのに、送料が無料になったりポイントが10倍になったり、旅行が安くなったりと、特典がたくさんあります。

1分ほどで登録が完了するので、もしあなたが学生さんなら楽天学割に登録してからチーズはどこへ消えたを購入してみてください^^

楽天学割の使い方まとめ

楽天学割は無料で使えます

【公式サイト】

https://young.rakuten.co.jp

\\ 1分で登録ができるよ //

楽天学割の詳しい情報は「【学生お得】楽天学割の使い方まとめ!プロモーションコードって何?」でまとめています^^

そんなチーズはどこへ消えたの内容を要約してみました。さらに個人的な感想と考察も紹介いたします。

2000年という僕は9歳でした。その頃に実家でチーズはどこへ消えたの本を見たことがあります。両親が購入したのでしょう。

タイトルが印象的で小さい頃にチーズはどこへ消えたの本のタイトルと表紙を覚えていたので、最近本屋さんで見かけた時は即購入しました。

懐かしいな〜どんな本だったかな?

なんて思いながら大人になって改めて読んでみると、チーズはどこへ消えたはシンプルにまとめられているのに、人生でとても大事な「新たなことに挑戦するきっかけ」になるであろう本だと思っています。

チーズはどこへ消えた

1時間程度で読める本です。全90ページなので普段本を読まない方でも1日あれば問題なく読めるでしょう。

内容もシンプルで読みやすく子供も読めるようになっています。

これからチーズはどこへ消えたの内容を要約してしまうので、もし先に本を読んでおきたい方は電子書籍でサラッと読んでみてたいかがでしょうか?

楽天学割の使い方まとめ

楽天学割は無料で使えます

【公式サイト】

https://young.rakuten.co.jp

\\ 1分で登録ができるよ //

はちまる
はちまる
チーズはどこへ消えたは迷路の中でチーズを探す物語。迷路とチーズはそのままの意味ではなく、迷路は会社や家庭などを意味しチーズは仕事や財産、家族、健康のことを表している。
らい美
らい美
私も読んだわ。人生にプラスされるとても良い本ね。是非友達にも勧めたいわ。
卯材さん
卯材さん
本嫌いの俺でも読めるかな!今まで本なんて読んだことないし読むのめんどくさい!早く要約してくれ!はやく!
はちまる
はちまる
卯材さん、ウザいっす。

では、チーズはどこへ消えたの内容の要約、さらに感想や考察を紹介します。

スポンサーリンク

チーズはどこへ消えたの内容を要約してみた!

チーズはどこへ消えたの内容を要約

チーズはどこへ消えたを実際に読んでみたので内容の要約をまとめていきたいと思います。

チーズはどこへ消えたに登場する人物は2人の小人と2匹のネズミです。

この小人とネズミは物語を通して僕らの人生にプラスになる大事なことを教えてくれます。

2人の小人と2匹のネズミは迷路の中でその日に食べるチーズを探す毎日を送っています。

2人の小人と2匹のネズミはステーションCという場所でたくさんのチーズと出会います。

このたくさんのチーズを見つけたことによって小人とネズミの人生が変わってきます

ネズミはあまり知恵がないため毎日毎日朝早くに家から飛び出てチーズに向かいます。

しかし小人はネズミよりも頭が回るのでチーズの近くに住むことにしました。

その方がチーズを探す手間を省くことが出来ます。

楽ですし。

しかしたくさんあったチーズは小人とネズミが毎日食べるていることによって段々と量は減り、最終的にはステーションCからチーズがなくなってしまいました。

大切な食料がなくなったことで、小人とネズミの行動に大きな変化が起きました

ネズミはチーズがたくさんあったステーションCを見つける前の生活に戻り、新しいチーズを探すために迷路を走り出しました。

しかし小人はネズミの行動を否定し自分たちの方が優秀だと思い込み、チーズがなくなったことにただただ納得がいっていない様子でした。

ネズミは迷路を走り回りチーズを探している最中、小人はいつかチーズが戻ってくる、誰がチーズを運んでくると思い込んで一切行動に移しません。

ステーションCから離れることもしなかったのです。

もちろん小人はチーズが勝手に現れることも運ばれることもないので、チーズにありつけません。

そのことを不審に思い一人の小人が新たなチーズを探しにステーションCから離れる決断をしました。

一人の小人はステーションCから離れることはありませんでした。

しかしもう一人の小人はステーションCから離れ自分の力でチーズを探す旅に出て新たなチーズを見つけることが出来ました。

ネズミは変化に左右されず行動に移すことが出来ます。

小人の一人はずっと過去の栄光に縋り(すがり)動くことが出来ませんでした。

しかしもう一人の小人は勇気を振り絞り行動に移し、新たなチーズを探すことが出来ました。

普通になると動けなくなる

チーズはどこへ消えたを読んで思ったのは「普通に近づけば近づくほど行動することが出来なくなる」ということでした。

小人はたくさんのチーズが見つかったステーションCに住み始めたのは一見賢いように思えませんが、毎日たくさんのチーズがあることが普通になってしまいました。

そのたくさんあったチーズがなくなることを考えず、漠然とチーズはなくならないと思ってしまっているのだと思います。

チーズがあることが普通、これがかなり危険なんだと思います。

小人がネズミを下に見ている場面はなんだか会社の上司と飲みに行った時と被ります。

変化を嫌い新しいことをやる人を否定して、自分の過去を誇大して部下に話している姿と僕は被ってしまいました。

スポンサーリンク

チーズはどこへ消えたの感想と考察

チーズはどこへ消えたの感想と考察

チーズはどこへ消えたで僕らが学ぶべき人物はステーションCから自らの頭で考えて行動に移し新たにチーズを見つけた小人です。

後ほど改めて紹介しますがこの小人の名前は「ホー」と言います。

このホーは行動に移してチーズを見つけて壁に以下の言葉を残しました。

七つのメッセージ
  1. 変化は起きる
  2. 変化を予期せよ
  3. 変化を探知せよ
  4. 変化にすばやく適応せよ
  5. 変わろう
  6. 変化を楽しもう!
  7. 進んですばやく変わり再びそれを楽しもう

ホーは行動に移しチーズを見つけたことによって、この7つの気づきを得ました。

「成功者はバカが多い」と聞いたことがあると思います。

堀江貴文氏 「バカは頭が良い人よりも成功しやすい」

引用元:news-postseven.com

ホリエモンも言っていますね。

多くの成功者はバカが多いと言われていますが、このバカというのはチーズはどこへ消えたの中でというとネズミになりますね。

知能が低いのでステーションCでチーズを見つけても近くに住むことはなく、毎日朝早くにチーズを見つける生活が続いています。

いつかなくなるチーズに依存せず行動に移す大切さを知能が低いネズミが教えてくれています。

成功の秘訣は、目的に忠実であることだ。
The secret of success is constancy to purpose.

ベンジャミン・ディズレーリ

このような言葉があります。成功の秘訣は目的に忠実であること。

チーズはどこへ消えたの成功がチーズを探し出すことだとすれば、ネズミが毎日行ってる行動が目的に忠実ということになります。

ネズミの行動は一見知能が低い行動に見えますが結果的に成功に向かっていますね。

しかし僕ら人間は頭を使って考えることができるので、ネズミのように目的に忠実になって行動するのが難しい場合が多くあります。

リスクを考えてしまって行動に移すことが出来ないことありますよね。

これが二人の小人になります。

ネズミよりも知能があり考えることができるため、ネズミのようにチーズを見つけるという成功に向かって忠実に行動するのが難しいのです。

たくさんのチーズがあるステーションCに住んでいた方が楽だし、なくなったら運ばれてくるような気がします。

むしろ、なくなるということを考えません。

今勤めている会社がなくなることを考えて生活はしないですよね。

確かに小人のように考えて行動するのも大事ですが、どうなるかわからないことに対してそこまで悩む必要はないのかもしれませんね。

残念ながら本には書かれていませんが、おそらくネズミはたくさんのチーズに出会っています。

しかしたくさん迷路を走ってます。

最初の頃の行動に対してチーズを食べられる量は少ないと思います。

しかし人間は頭を使って行動できるので、段々と少ない行動量でチーズを食べることができるようになるでしょう。

しかし最初は対価に対しての行動が釣り合わないので、行動に移しても離脱する人が多いのだと思います。

成功する人は行動が付き物ですね。

僕はチーズはどこへ消えたを読んでこう思いました。

はちまる
はちまる
行動すれば失敗しないかもしれないけど、成功もすることはないね。

チーズはどこへ消えたを読んだ感想を聞いてみた!

僕以外にチーズはどこへ消えたを読んだ人に感想を聞いてみました!

アイズ
アイズ

内容自体が簡単で、大人から子供まで幅広く読むことが出来る本だと思います。

人生で最も大切なものを「チーズ」に比喩して、四つのキャラクターはどの様に行動していくかというストーリで、このチーズ(比喩)は私たちが人生で求めるもの、つまり、仕事、家族、恋人、お金・・・etc、といったものを象徴しています。

また、「迷路」は、チーズを追い求める場所を表しており、会社や組織、家族に比喩して読むとご自身状況に置き換えた時、身近で考えやすいかもしれません。
私たちの人生で求めるものの手に入れ方や考え方を問いかけてくる物語。

変化対応力と変化観察力が必要で、従来通りの考え方を辞め新しい方法・変化を楽しもうって感じでした。

ペンネーム:アイズ(30代・男性)

肋

すごく考えられる本でした。

ストーリーとしても楽しめますが、この話に関しては「あー面白かった」で済ませていい作品ではなく、自分の人生について考えさせられる、いや考えなければいけない作品だと思います。

迷路の中チーズを探していた小人2人とネズミ2匹でしたが、ある日大量のチーズを見つけます。

大量のチーズをみつけて、2人と2匹はチーズを食べ続けた結果、ついにはチーズはなくなってしまいます。

その後の行動はただの迷路の話ではなく、社会を連想させられました。

ないとわかったらすぐ見切りをつけたネズミ、知恵があるとたかをくくり原因を考えた小人、うち一人は最終的にチーズを探しに動き、最後の一人はずっと考えを変えません。

確かに自分は知識があるから、経験があるからとたかをくくり、人の話を聞かない重要職の頑固な人にはチーズを探しに行かない小人を連想させられるなと思いました。

そして、もし自分が同じ立場になった場合、自分はどうするかな?とすごく考えさせられました。

ペンネーム:肋(20代・女性)

けん
けん

この本の中で、特に印象に残った一文が「新しいチーズというのは同じ相手との新しい関係」です。

これを要約すると、小人のホーが、変化しない自分愚かであるとして、変化のための行動を積極的に行うことで、成長していくというようなものです。

なぜ「変化」したいのか、若しくはなぜ「変化」する必要があるのかという、「変化」というものの本質に迫る機会を提供してくれている一冊です。

一見当たり前だと思うようなことも、実際の職場での自分を振り返ってみると、出来ていないことがたくさんありました。

現在の自分を今の環境や、新しい環境に適応させていき、パフォーマンスを発揮していくためにも、まずは自分を変えることから始めるのが効率的であると感じさせてくれます。

他人を変化させるより、本の少しの勇気で環境を「変化」させる自分に変わるという、人生の教訓を教えてもらいました。

ペンネーム:けい(20代・男性)

shuutaro
shuutaro

昔購入して本なので少し表紙の色がくすんでますが中はまだ綺麗なのがすこし驚きです。

発効日を見るとたぶん私がこの本を購入したのは21世紀の初頭だったようです。当時話題になっていたので移動の時間つぶしのために購入しました。そしてあまりにも早く読み終わってしまい損をさせられた気分になったのを思い出します。

当時の感想としては絵本調で文字が大きく誰にでも読めてしまう。読書が趣味だった当事の私としてはまるで物足りなく幼稚に感じたものです。

しかし逆に考えますと読書に慣れてない人でも読むことができ内容を理解できるので悪くないともいえます。

この本はビジネス書であり自己啓発であり心理学であり人生論も含んでいる。普通の専門書だったら敷居が高すぎてまったく手に取る気にならないです。それをコンパクトにうまくまとめて誰でも読めるようにしているのはすごいです。入門書の入門編といった感じでしょうか。

久々にこの本読んでみて当時とは私もずいぶん変わったものだと感じます。チーズを探しに行くことを頭からなくしていました。再びチーズのにおいをかぐところから始めなくてはいけませんね。

ペンネーム:shuutaro(40代・男性)

ハンサム
ハンサム

“チーズはどこへ消えた】

消えたチーズを探すネズミの物語を中心に展開される、人間の習性や思考をコミカルに、しかしながら的確に切り込むベストセラー書籍。

キャッチーなタイトルに惹かれ、手に取る若者多かった本書。しかしながら読み進めていくと行動真理の核心をついた物語の展開にわが身を振り替えざるを得ません。消えたチーズを探しにリスクをおかすネズミ。それを批判し、チーズが戻るのをひたすら待つネズミ。

社会人になった今読み返しても、大変ためになる物語。だれしも保守的であり、変化を恐れるのはあたりまえ。

ゆで蛙の法則にも通じることだが気づいたときにはもう遅い。変化をおそれずに、自ら代わること、リスクを犯してでも変革することが大切だと学べる1冊。

ペンネーム:ハンサム(40代・男性)

えれん
えれん

この作品は読んだのは10年以上前なのですが、いまでも強くインパクトに残っている作品です。

ネズミは、いつもの場所にチーズがなくなったと思えばすぐに新しいチーズを探しに行くことができるのに、なまじ頭の良い人間はもともとあった場所に固執してしまい、新しい場所に飛び込む勇気がない、この本の中に出てくる人間はまさに私はそのものでした。

今の現状に見切りをつけるということ、口で言うのは簡単ですが、なかなか難しいことです。

かつてチーズが潤沢にあった場所だからと言って、そこにチーズが戻ってくることは二度とないという現実をつきつけられました。

ここで出てくるチーズというのは、人の愛情だったり収入源だったりを指しているのだと思います。

ペンネーム:えれん(30代・女性)

しんちやん
しんちやん

まずチーズどこへ消えた、現代のビジネスマンの心境に置き換えていると思います。

まずこのタイトルどうり、チーズが消えてなくなったように思えますが、誰かがチーズ持っていたという事もありなのです。

ですからちょっと違った意味合いになります。

この心理状態の根底には、このチーズは自分のものであって、誰かにさゅうすることは絶対に許されないとゅうおもいがあります。

この二人のあまりにもチーズに対する重い、期待がつょかつためにどうしていいわからなくなったのです。

なかなか自分のを弱い面を話せる人は少ないし、この野望や夢を人にいぅきかいはこの年になると無いに等しい。

どちらとゅうとこの本で気づかされるというよりも、自分では分かっている。

きずいていることを再確認して考えさせてくれるという間隔の本です。

ペンネーム:しんちやん(60代・男性)

チーズは大好き
チーズは大好き

生きていく中で起こる出来事に対してどのように判断をするのかを、例えにチーズという報酬にして分かりやすくしている画期的な人生の指南書だと感じました。

凄くシンプルでどんな年代の方が読んだとしても伝わるとものをよく考え出したなと感心しています。

ただ、納得して理解できる反面、例えがチーズという物であるために、実際に自分自身に起こる物事に照らし合わせて考えるには噛み砕きすぎた内容に思われて、実践するにはその人の応用力が高くないと無理な感じを受けます。

また、変化という言葉を連呼していますが、変化に対応するべきであって、変化する事を推奨するのは違う気がしてなりません。

また、変化を予期できるようになる事があれば、国の政策が行き当たりばったりな訳がなく、無理な部分も含まれている事を理解して読み進めて、全てを鵜呑みにしないように心掛けておく事が大切に感じました。

ペンネーム:チーズは大好き(30代・男性)

yamashiba
yamashiba

あたかも児童書のようなビジネス本であり、最初本屋で見かけた時にはビジネス本であるということに気づけなかったほどである。内容においても例えがとても分かりやすく、一瞬で読み終えることができるうえに、仕事にも活用できるマインドが理解でき、とても興味深い内容であった。

本書の内容としては、あったはずのチーズが消えてしまった後の対応方法4パターンを元として、ビジネス・業務の進め方において、どのように動くことが良いのかが書かれていた。

現在の自分自身がどのパターンにあてはまるのか、今後はどうなりたっていきたいのかを考えながら読み進めることができ、とても勉強になる本であった。

パート2が販売開始されたので、是非とも読んでみたい。

ペンネーム:yamashiba(30代・女性)

もも
もも

変化に対応するそれぞれの行動を表していると思いました。

生きるための食料であるチーズを見つけたときねずみは、朝からその場所にいき、小人はその近くに住むというのもねずみは頭を使うより行動するタイプ、小人は行動より頭を使うタイプだと思いました。

これは、私達のあらゆることに対する行動とにてると思いました。

なにかを見つけたとき行動が先か頭が先かと同じことだと思います。

色々な人がいて、様々な考えがあり、1人1人違う行動をおこすということではないでしょうか。

色々な人がいてもいいと思いますし、正解はないと思います。

人の行動心理を表したお話だと思いました。

私達が生きていく中で仕事だったり、家族だったり、恋人だったり、日常生活の場面に当てはまると思いました。

またチーズがなくなったときの行動もそれぞれでこういう行動するのかとハッとさせられました。

ペンネーム:もも(30代・女性)

スポンサーリンク

チーズはどこへ消えたはかなりオススメの本です!

僕はチーズはどこへ消えたはかなりオススメの本です。何が良いってページが少ないので読みやすいのに考えさせられることが多いからです。

普段本を読まない人にもオススメできる本なので、僕はあなたに薦めます^^

楽天学割の使い方まとめ

楽天学割は無料で使えます

【公式サイト】

https://young.rakuten.co.jp

\\ 1分で登録ができるよ //

是非今から1時間、チーズはどこへ消えたを読む時間に使ってみてください。

チーズはどこへ消えたの内容を要約してみた!感想や考察も紹介のまとめ

僕はチーズはどこへ消えたの内容の要約、実際に読んでみての感想と考察を紹介しました。

楽天市場で500円程度で購入ができます。

もし現在学生さんなら楽天学割に登録してからチーズはどこへ消えた購入してみてください^^