格安SIM

楽天モバイルは他社滞納でも契約出来る?格安SIMの審査は緩いって本当?

楽天モバイルは携帯料金を他社滞納していても契約はできるの?格安SIMはキャリア携帯よりも契約の審査が緩いって本当なのでしょうか?安くネットを利用できる格安SIMの中でも楽天モバイルは人気が高いですが他社滞納していても契約ができるのか?契約の方法についてまとめます。

数ある中でも楽天モバイルは比較的契約の審査が通りやすいと言われていますよね。クレジットカードがなくても、デビットカードや口座振替でも料金の支払いができるので、ブラックリストに入っている方でも、契約をすることができるのです。

そこで楽天モバイルは他社滞納していても契約はできるのか?についてまとめていきます。

はちまる
はちまる
楽天モバイルに限らず格安SIMはクレジットカードがブラックリストに入っていても審査に影響はしないようだね。しかし重要なのはクレジットカードのブラックリストと携帯に関するブラックリストは違うということ。携帯に関するブラックリストは料金の滞納をしてしまうとブラックリストに入る可能性があるが、そのような方でも楽天モバイルは契約ができるのかな。
らい美
らい美
卯材さんみたいに携帯の支払いが遅れる人でも楽天モバイルはけ契約ができるのかしら。
卯材さん
卯材さん
らい美さん!そうなんです!携帯の料金の支払いが何度か滞ってしまって他社滞納している俺が楽天モバイルに契約できるか知りたいんです!キャリアは毎月の料金が高いけど格安SIMは安いよね!他社滞納していても契約ができるのなら安い格安SIMに乗り換えたいんだ!
はちまる
はちまる
卯材さんのためにも他社滞納している人でも楽天モバイルに契約ができるのかについてまとめていこう

では、楽天モバイルは他社滞納をしていても契約できるかまとめていきます。

スポンサーリンク

大手キャリアの審査は?格安SIMの審査と何が違う?

まず、格安SIMではなく大手キャリアの携帯の審査は以下の審査基準を元に契約できるかどうか判断していると言われています。

  • 現在料金の他社滞納がある
  • 過去に料金滞納し強制的に解約された
  • 金融事故情報が残っている

この3つが大手キャリアの契約の際に審査としてみるポイントと言われています。

1つ目の現在、他社で料金の滞納がある場合は審査に通りません。普通に考えて他の会社の携帯の料金の未払いがある状態で自社の携帯の契約をするところはありませんよね。

2つ目の過去に料金の滞納をして強制的に解約させた問題は先ほども紹介した、携帯に関するブラックリストに自分の情報が残っている状態のことを言います。

このブラックリストに名前が残っている場合は審査に通りません。ちなみにブラックリストから契約解除日から5年で消えます。

最後の3つ目の金融事故情報が残っている問題は割賦審査を行い場合に審査されます。割賦審査は大手キャリア契約の他にスマホを一緒に購入契約する際の審査になります。

つまりキャリア契約は携帯に関するブラックリストをチェックし、スマホの購入はクレジットカードなどの金融事故の情報を元に審査をします。

スマホを分割で購入するとなるとローンを組むということになるので、携帯に関するブラックリストに残りる携帯料金事故情報とは別の金融事故情報を元に審査をするのです。

この3つが大手キャリアを契約する際の審査になります。

では、格安SIMを契約する際の審査はどのようなものがあるのでしょうか?

スポンサーリンク

楽天モバイルは他社滞納でも契約できる?

先ほど紹介した通り、大手キャリアはドコモ、SoftBank、auのいずれかの会社でブラックリストに掲載されると、どこの会社でも審査が通らなくなってしまいます。

その理由は料金の滞納や強制解約をされると信用情報に自分の名前が乗り、大手キャリアでその情報が共有されるからです。

つまりSoftBankで料金未払いなどの事故が起こるとauやドコモでもその事故情報が共有されるのです。

そこで格安SIMは信用情報を共有され契約ができないのでは?と思われるかもしれません。

そうです、その通りで大手キャリアで携帯の未払いや強制的に解約された場合は、格安SIMでも契約することは難しいです。

しかし大手キャリアのように必ず審査に落ちてしまうということではなく、楽天モバイルのように格安SIMは審査が緩い傾向があります。

さらに携帯料金の未払いの場合はまだブラックリストに名前が載っている訳ではありません。携帯料金が未払いの場合、他の大手キャリアや格安SIMの契約をしようとするとどうなるかというと、会社側から「他社滞納しているので精算してください」という指示を受けます。

つまり、携帯料金の滞納はまだブラックリストに名前が載っているわけではないでの、料金を支払ってから再度審査を受けることが可能なのです。

特に格安SIMの中でもY!mobileはSoftBank系列の会社なので、審査に通らない可能性が他の格安SIMよりも高い傾向にあります。

そこで楽天モバイルに焦点を絞って見てみると、大手キャリアで携帯料金に関する事故が起こっていても楽天モバイルの審査に通る可能性はあります。

さらに楽天モバイルはクレジットカードでブラックリストに名前が載った状態でも審査が通りますし、誰でも作れるデビットカードでの支払いや口座振替ができる数少ない格安SIMなのです。

スポンサーリンク

楽天モバイルはブラックリストでも契約できる?

楽天モバイルはどのような人が契約ができるのか?できないのか?について一度まとめてみましょう。

大きく分けてクレジットカードでの未払いなどで起こる金融事故と大手キャリアを契約して料金の滞納や強制的に解約された携帯料金事故があります。

まず携帯の審査に必要なのは携帯料金事故で金融事故の情報は審査に関係ありません。なので、クレジットカードがブラックリストに入っていても契約はできるのです。

しかし携帯料金事故を起こしてしまった場合は大手キャリアの契約はほぼ不可能だと思っても良いでしょう。

ですが、格安SIMは携帯料金事故が起こっていたとしても契約をすることが会社によってできるところがあります。

つまり、格安SIMは大手キャリアと比べて審査が若干緩い傾向にあると考えられます。

もしクレジットカードがブラックリストに入っていて、携帯料金事故を過去に起こしている方は楽天モバイルをお勧めします。

楽天モバイルは料金の他社滞納をしていても審査が通る人がいるので、もし大手キャリアで契約ができない方は楽天モバイルの審査に一度出してみると良いでしょう。

楽天モバイルは他社滞納でも契約出来る?のまとめ

楽天モバイルは料金の他社滞納をしていても契約ができるかについてまとめてみました。

楽天モバイルは他の格安SIMの会社と比べて審査が緩い気がします。金融事故や携帯料金事故があったとしても、一度楽天モバイルの審査に出してみると良いでしょう。

クレジットカードが使えない場合は以下のページも参考にしてみてください。

クレカがブラックリストの私でも格安SIMの審査は通る?デビットカードや口座振替は可能? クレカがブラックリスト入りの人は格安SIMの審査に合格できないのでしょうか?格安SIMには審査がありますがクレカがブラックリスト...
格安SIMの通話ありプランはクレジットカード不要でも契約可
格安SIMの通話ありプランはクレジットカード不要でも契約可? クレジットカード不要で契約ができる格安SIMの通話ありのプランは?クレジットカードが事情により使えなかったり審査が通らない場合、...