画像編集

一括で画像の容量を小さくサイズそのままのやり方!高画質を落とさず圧縮

ブログやサイトを運営している方はタイトルどうしよう・・・記事の構成どうしよう・・・と悩み方が多いですが、画像の容量をなるべき小さくしたい!と思っている方も多いですね。

僕自身もブログを運営する中でなるべく画像の容量を小さくして、画像のサイズをそのままにして掲載したいものです。

画像の容量を小さくすることで訪問者が運営しているブログの読み込みを早くしてくれる効果が期待できるので、離脱率を下げることにも繋がります。

ページの読み込みが遅いと「このブログ読み込み遅いな〜他のページに行っちゃお。」と平気で離脱してしまいます。

しっかり文章を書いているのに画像の容量が大きいという問題で離脱されるのは勿体ないです。

そこでブログやサイトに掲載する画像の容量を小さくして、尚且つサイトはそのまま保つ方法を紹介します。

佐備洲仕羽
佐備洲仕羽
結論を言うとTinyPNGがお勧めです。「Drop your .png or jpg files here!」をクリックして画像を選択すれば圧縮できます。使い方は簡単だから是非当ページを参考にしてみてください。

スポンサーリンク

画像の容量を小さくサイズはそのままは可能なの?

画像の容量を小さくサイズはそのままは可能

まずは画像の容量を小さくサイズはそのままで保存することは可能なのか?という疑問ですが、結論を言うとサイズはそのままで画像の容量を小さくすることは可能です。

画像を小さくすることで画像の容量を若干小さくすることが可能ですが、小さくすることで醜くなったりするので、もし画像の容量を小さくしたいのであれば、サイズをそのままにして圧縮する方法がベストでしょう。

後々解説しますが、僕自身も使っている画像圧縮してるのは(TinyPNG)というサイトです。こちらのTinyPNGは圧縮したい画像を選択してワンクリックするだけで画像のサイズをそのままにして容量を小さくすることが可能です。

スポンサーリンク

画質を落とさずに容量を減らすと得られる効果は?

画質を落とさずに容量を減らすと得られる効果

画像の画質を落とさずに容量を減らすことで得られる効果というのは、単純に運営しているサイトにたくさんの画像を使ったとしても重くなりにくいというのが得られる効果です。

容量を減らすために画像のサイズを小さくする方もいますが、画像を小さくするとスマホでサイトを閲覧している方はいいのですが、パソコンで閲覧している方はかなり見にくくなってしまいます。

なので、画像の容量を小さくするなら、画質をなるべく減らさず画像のサイズを小さくせずに圧縮することができる(TinyPNG)がいいでしょう。

続いて、(TinyPNG)の使い方を解説していきます。

スポンサーリンク

TinyPNGは画像サイズをそのままで圧縮することができる!

TinyPNGは画像サイズをそのままで圧縮することができる

そもそも(TinyPNG)とはどのようなサイトなのか?というと、圧縮したい画像を選択しワンクリックで画像の容量を小さくする便利なサイトです。

最大20枚の画像を同時に圧縮することができるので、一つの記事ごとに圧縮していけば問題ありませんね。

さらにTinyPNGの良いところは画像のサイズをそのままで容量を小さくすることができることです。しかしやはり画像を圧縮するので、若干画質が低下しますが、個人的にはそこまで気にすることではないと感じます。

TinyPNGの使い方!画像を一括で圧縮する方法!

TinyPNGの使い方!画像を一括で圧縮する方法

続いて、TinyPNGの使い方について解説していきます。と言っても、TinyPNGを開いて「Drop your. png or jpg files here!」をクリックして容量を小さくしたい画像を選択し「Go Pro」をクリックします。

すると自動的に画像を圧縮してくれるので、終了したら「download all」をクリックします。

TinyPNGの使い方!画像を一括で圧縮する方法2

「tinified.zip」をクリックし開くとダウンロード先に圧縮した画像が保存されているはずです。

使い方はかなり簡単ですよね。

画像の容量はImage Size Infoでチェック!使い方は?

最後にTinyPNGで圧縮した画像がどのくらい容量が小さくなったのか?について解説していきます。これは自分が運営している画像がどのくらいのサイズなのか?の確認もできるので、是非取り入れてみてください。

Image Size Infoをご自身のパソコンに取り入れる方法はかなり簡単で、Google Chromeを開きChromeウェブストアで「Image Size Info」を検索して導入するだけです。

こちらの(Image Size Infoはこちら)のリンクをクリックし、「Chromeに追加」をクリックしてください。

Image Size Info

するとパソコン画面の右上にImage Size Infoのアイコンが表示されます。これで導入完了です。

Image Size Infoの使い方は以下のページでも解説していますが、ファイルサイズを調べたい画像の上で右クリックをし「View Info」をクリックすると確認ができます。

TinyPNGは画像サイズをそのままで圧縮することができる TinyPNGは画像サイズをそのままで圧縮することができる2

このように同じ画像をImage Size Infoで調べてみると、ファイルサイズが小さくなっていることがわかりますね。

TinyPNGを使って画像のサイズをそのままにして圧縮しましょう。

一括で画像の容量を小さくサイズそのままのやり方のまとめ

TinyPNGを使うことで運営されているブログやサイトの画像の画質をほとんど変えずに圧縮することができます。画像の大きさも変更することないので、とても便利な画像圧縮ツールと言っても良いでしょう。

さらに画像を圧縮したらImage Size Infoで添付した画像のファイルサイズがどのくらいなのか確認してみると良いでしょう。

個人的には大きくて70〜80に抑えるようにしています。